喜三郎流 DQ10の楽しみ方

LV上げ、ボス攻略、独り言、etc…アストルティアでの冒険をいかに楽しむかをテーマに不定期配信中です
喜三郎流 DQ10の楽しみ方 TOP  >  スポンサー広告 >  独り言 >  ドラクエ思い出話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ドラクエ思い出話

自分がドラクエと出会った時の衝撃は今でも忘れません。
当時、愛読していたコロコロコミックに広告が出ていたんです。

「がいこつがあらわれた」「コマンド」

掲載されていたドラクエ1の戦闘画面を見て「なんじゃこりゃ!」と衝撃を受けました。

当時はまだ「スーパーマリオブラザーズ」に代表されるアクションゲームや、高橋名人の16連射が話題とされた「スターフォース」や「グラディウス」などのシューティングゲームが全盛の時代でした。

そんな中で「ロールプレイングゲーム」と呼ばれたこのゲームに当時の少年達は興味深々でしたねw

ドラクエの思い出として1番印象に残っているは、スバリ!

「ふっかつのじゅもん」

当時のドラクエはセーブ機能なんかなく、ゲームを再開する際は、中断する時に、何の規則性もない文字の羅列をメモして、入力して再開する言う仕様でした。

これがまぁ、間違う、間違う…。

ドラクエ1は20文字なので、まぁなんとかって感じですが、ドラクエ2に至っては、最大で52文字ですよ!
それに当時のフォントが荒く「わ、れ、ね」とか「き、さ」とか「め、ぬ」等、似たような文字を間違えてしまうと言う事が多発w
最強データも一瞬でパーですよ…。

ドラクエ3になって初めて、待望のセーブ機能が付きましたが、これもまぁ、よくデータが、ふっ飛ぶ、ふっ飛ぶ…。

どんな仕組みでそうするのかは分かりませんが、セーブをしてゲームを中断しファミコンの電源を落とす際は「リセットボタンを押しながら電源を切る」と言う仕様だったんです。
これがなかなかシビアで、失敗すると次回ゲームを再開する際に呪いの音楽と共に「おきのどくですが ぼうけんのしょ1ばんは きえてしまいました。」のメッセージが現れ、消えてしまう事も多々ありました。

自分はPTキャラは全てLV99で「しあわせのくつ」&「らいじんのけん」入手済みデータが、ぶっ飛んだ時にドラクエ3から卒業しました…。

ドラクエ3は買う時も印象的でしたw
発売日に、学校や会社をズル休みしてまで、買いに行くと言う社会現象にまで登り詰めたのがドラクエ3じゃないでしょうか?
品薄状態が続き、購入できなかった人が略奪行為を働く「ドラクエ狩り」と呼ばれる現象が起きたのもこの頃のはずw

当時はゲームショップ等と言うのはなく、デパートのおもちゃ屋さんでゲームを購入するのが一般的で、自分もデパートで予約後、発売日から何週間か遅れ手に入れた記憶があります。
それもドラクエ狩りを警戒してか、保護者同伴じゃないと商品の受け取りができず「お母さん」と一緒に買いに行きましたw

懐かしいですねぇ。
懐かし過ぎて、次から次へと言葉が浮かんで来て、昨日のドラクエ話をする前に、会社に着いちゃいそうですwww

アプデ話はまた明日と言うことで〜。(爆)

関連記事
[ 2014/12/26 08:24 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
ブログランキング

ブログランキング参加中です! 1日1回ポチっと押してもらえると、テンションとランキングが上がりますw 応援よろしくお願いします!!


QRコード
QR
~利用規約~
このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。
当該画像の転載・配布は禁止いたします。

このページの動画は株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する著作物を利用しております。
また、動画に使用されている楽曲は有限会社スギヤマ工房が権利を所有する著作物です。
当該動画の転載・配布は禁止いたします。

(C)2012, 2013 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。