喜三郎流 DQ10の楽しみ方

LV上げ、ボス攻略、独り言、etc…アストルティアでの冒険をいかに楽しむかをテーマに不定期配信中です
喜三郎流 DQ10の楽しみ方 TOP  >  スポンサー広告 >  喜三郎流レベル上げ方法  >  イーター乱獲 >  はい、ドラクエバカです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

はい、ドラクエバカです

寒いです。
最近それしか言ってないような…。

あまりの寒さに、最後の砦であった部屋の暖房を点けてしまいましたw
まだ11月ですよね…。
北海道では降雪が、この時期には考えられないくらいあり、ありえないくらい積もったとか?

今シーズンの冬は冷え込みが厳しいんですかね?
嫌だなぁ。
ウインタースポーツにまるで興味のない喜三郎にとって、寒さは邪魔物以外の何ものでもありません。

冬はぬくぬくの、お部屋でドラクエ三昧がいいッス♪



さて、本題。

昨日の討伐は「ヴァース大山林 ボストロール25匹 38,490G」を3,000Gで6キャラ分購入し金策をして来ました。



この討伐は2.3後期からお目見えしましたね。
討伐数が減ったため、急に「美味しい」と呼ばれる様になった日替わり討伐です。

しかし、あくまで魔物使いの特技である「エモノを呼び」を使っての話。
普通に狩ろうと思うと、湧きは少ないし、出現数も1匹だし、何より美味しいとされているためライバルが多い。

前回はバトマス主体の乱獲体制で討伐に行ったのですが、25匹倒すのに30分以上かかってしまうと言う失態を犯していますw
その轍を踏まえて今回は魔物使いを主体とした、エモノ呼び体制で臨みました。

しかし、サブのレベルが低く、エモノ呼びを使えるキャラがキサブローとトラキチしかいません…。
キサブローPTとトラキチPTに分けたとして、片方のPTに火力のあるアタッカーがいない…。
なので、キサブローがエモノ呼びをしてモンスターを呼んだら1匹づつ倒す…。
こんな強引な事をしましたw

う〜ん。
サブのやっぱりレベル上げが必要ですね。
せめてエモノ呼びを使えるキャラを増やさないと。

と、言うことで…。
昨日は討伐の後はサブのレベル上げ。



イーター乱獲です。
キサブローのバトマスが特訓ポイントカンスト状態に突入してしまったため、サブ垢イオリをバトマスにして、トラキチのサブキャラである魚子を鍛える事にしました。

サポはLV49エンゼルスライム帽装備の二刀流バトマスと、LV80チムメン僧侶。

魔物使いはエンゼルスライム帽を装備はできませんが、PT内に装備してるキャラがいると恩恵は受ける事ができます。
イーターの火力は痛いですが、優秀サポ僧侶さんのおかげで、全滅をすると言う事態にはなりません。

結果は元気玉1個で85,000程の経験値を稼ぐ事ができました。
これで魚子の魔物使いのレベルが44になりました。
エモノ呼びを覚える事のできるレベルまで後3…。
以前よりもレベルが上げやすくなったとはいえ、やはり地道ですね…。

前々から公言している様に9キャラ討伐を目指すキサブローとしては、実はもう1人エモノ呼びを使えるキャラがいないと体制が成立しないんです…。

明日から解放される140スキルを振るために、試算ではスキルポイントが足りないのは見え見え…。
特訓ポイント稼ぎもしたい…。
でも金策用のキャラも育成したい…。

効率を良くして日課にかける時間を減らそうとするも、効率を良くするためにキャラを育てる時間がかってるw

いや〜、ドラクエバカですなぁ…。

関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
ブログランキング

ブログランキング参加中です! 1日1回ポチっと押してもらえると、テンションとランキングが上がりますw 応援よろしくお願いします!!


QRコード
QR
~利用規約~
このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。
当該画像の転載・配布は禁止いたします。

このページの動画は株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する著作物を利用しております。
また、動画に使用されている楽曲は有限会社スギヤマ工房が権利を所有する著作物です。
当該動画の転載・配布は禁止いたします。

(C)2012, 2013 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。