喜三郎流 DQ10の楽しみ方

LV上げ、ボス攻略、独り言、etc…アストルティアでの冒険をいかに楽しむかをテーマに不定期配信中です
喜三郎流 DQ10の楽しみ方 TOP  >  スポンサー広告 >  喜三郎流ボス討伐の極意  >  右手・左手強 >  レンダーシアの強ボス討伐 第3弾

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

レンダーシアの強ボス討伐 第3弾

はい、手抜きブログの時間がやって参りましたw

まぁ実際、昨日は忙しくてログインできなかったので、このシリーズ記事がチョットありがたい感じですが。(爆)

いい加減引っ張り過ぎて、熱が冷めてしまっている感たっぷりですが、お付き合い頂ける方は続きをどうぞ。
また、例によってネタバレ御免の記事ですので「まだ知りたくない!」と言う方はご遠慮下さいませませw
最後のレンダーシア強ボスは「悪夢の右手強&悪夢の左手強」です。
メルサンディ村から北の、こもれびの広場にある井戸の中、謎の地下水路の最深部がボスポイントです。

コレが遠いったらありゃしない…。

行くまでにちょっと時間がかかってしまうので、前の2つと違って、日課には不向きかも知れません。

さて今回は、はむさんがバラモス討伐に駆り出されてしまい、メンバーチェンジをしることになったのでこんな感じの構成で挑んでみました。

セリカ→武道家
ルカナ→魔法戦士
シャム→僧侶(激レア)
キサブロー→戦士

ドラクエ10が始まった頃からの付き合いであるシャムさんと、まさかこんな形で強ボスに挑戦するとはw

シャムさんが身体を張って前衛をし、自分が回復をすると言うポジションがキレイに入れ替わりましたw

そんな自分等的にかなりレアの動画はこちらです。



さてこの右手&左手ですが、攻撃パターンは至って単純。
ものっそい火力のある、たたきつぶしと、ものっそい火力のある範囲攻撃のアクアカイザーです。
にぎりつぶすも使って来ますが、自分が戦った時はあんまり使って来ませんでした。

ものっそい火力のある2種類の攻撃をひたすら警戒しましょう。
対応策としては「聖女の守り」これ一点w

この2つの手、とにかく怒りっぽいのでロスアタをちゃんと入れて置いた方がいいです。
怒り状態のたたきつぶしは間違いなく死ねますねw

アクアカイザーは詠唱時間が長く発動までに余裕があるため、タゲられた人へ確実に聖女の守りをかけてあげましょう。

それ等をキッチリできていれば、勝機を見出し事ができるかと思います。

1戦目もそうでしたが、自分が片手剣戦士なので、やいばくだきで攻撃力を下げたり、ロスアタで、怒りを解除するも、火力の面での役不足感は否めません…。
やっぱりオノ戦士に憧れちゃいますね。
2.1後期には130スキルが解禁になるとかで、ますますスキルポイントが圧迫されるなか、メインを絞った割り振りを考え直さないいけませんね。

さて今回で、レンダーシア強ボス3連戦記事はおしまいとなります。
戦ってみた感想として、旧大陸の強ボスより、遊びの要素と言うか、単純に強いだけでは勝てない仕様がとても楽しかったです。
逆に言えば、若干レベルが低くても、個々の役割りをキッチリ果たせれば、勝機も見出せるのではないかとw

ゼレドとアラハギーロはボスポイントが近いのと、なんと言っても討伐報酬がオーブ2個と言うお得感もあって、チームメンバーと行く日課になりつつある今日この頃です。


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
ブログランキング

ブログランキング参加中です! 1日1回ポチっと押してもらえると、テンションとランキングが上がりますw 応援よろしくお願いします!!


QRコード
QR
~利用規約~
このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。
当該画像の転載・配布は禁止いたします。

このページの動画は株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する著作物を利用しております。
また、動画に使用されている楽曲は有限会社スギヤマ工房が権利を所有する著作物です。
当該動画の転載・配布は禁止いたします。

(C)2012, 2013 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。